Profile 男声合唱団東京リーダーターフェル1925(M.G.V. TOKYO LIEDERTAFEL 1925)

M.G.V. TOKYO LIEDERTAFEL 1925

特定非営利活動法人(Non profit Orgnaization)

M.G.V. TOKYO LIEDERTAFEL 1925

男声合唱団東京リーダーターフェル1925

Profile

男声合唱団 東京リーダーターフェル1925

所在地     :
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町20-1 神保ビル5F
(株)音楽出版社 男声合唱団 東京リーダーターフェル1925

男声合唱団 東京リーダーターフェル1925
1925 年(大正14年)創立。
ドイツの男声合唱に強くあこがれていた同志社グリークラブ出身の故山口隆俊や、後に全日本合唱連盟理事長を務めた故秋山日出夫などにより創立。
日本で最も歴史の古い社会人男声合唱団。

我が国唯一のドイツ合唱連盟海外会員として、創立以来ドイツ合唱界と交流。
1959年(昭和34年)から1971年(昭和46年)まで故ディートリッヒ・シュミット氏(名誉指揮者)を客演指揮者に迎え、ドイツ合唱曲を重要なレパートリーとし、シュミット氏の努力によりドイツ合唱連盟主催の合唱祭に招かれ、我が国の合唱文化を紹介すると共に、ドイツ各都市の合唱団との交流を深めるドイツ演奏旅行を定期的に行っています。(1968,76,83,92,2003、2012年)
これまで訪れた都市は20を超え、各地では心からの歓迎を受け、多くのメンバーがホームステイにより友人を得ることができた。
これらの交流の結果、ドイツから1972年にザールクナッペンコール、80年にベルリン・リーダーターフェル1885、94年にライプツッヒ・ノルトの各男声合唱団を、96年にはアウグスブルク混声合唱団を、さらに、2006年4月にはドイツ・ニーダーヴェルシュタット・コンコールディア合唱団を、2010年にはベルリン・リーダーターフェルの再度の訪日を実現。

1971年に各地の男声合唱団に呼びかけ、日本男声合唱協会(JAMCA)を発足させ、男声合唱の振興と相互交流を図ってきた。 2004年7月には、全国から約500名が参加し、すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)で「JAMCA東京」をターフェルが主催し、大きな感動を得ました、その後2年置きに開催されるJAMCA演奏会には理事団体として積極的に参加。

1983年からは韓国男声合唱団(KMC)との交流も始まり、東京・ソウルで持ち回りの合同演奏会を開催。2002年4月には国際交流基金の支援も得て、ソウル・芸術の殿堂で第8回の交歓演奏会。2005年7月には 東京と金沢で9回目になる交歓演奏会を開催し、各新聞紙上でも高く評価されました。2008年5月にはソウル近郊の高陽市のオペラハウスにてKMCの創立50周年を祝う合同演奏会を開催。2013年6月には交流30周年を迎える合同演奏会を開催。2016年10月には東京倶楽部の支援を得て、ソウルロッテコンサートホールの杮落しとして合同演奏会、翌日には冬ソナで有名な春川にて春川男声合唱団(CMC)とKMC3団体の合同演奏会を行いました。KMCとの交流により、多くの韓国合唱歌曲がターフェルのレパートリーに加えられています。

2014年3月14~18日まで台湾へ演奏旅行。台北では台北永楽扶輪社の方々の努力により、台北永楽扶輪社合唱団と国立台湾大学校友合唱団と、台南では国立成功大学教職員混声合唱団と共演し、それぞれお客様から大きな拍手とともに感動を共有しました。台湾でステージをともにした方々の温かなもてなしに感謝し、今後の交流の始めの1歩となりました。

2015年は、創立90周年の節目の年として記念定期演奏会、記念祝賀パーティー、昭和浪漫CD作成・楽譜の発刊、新作男声合唱作品の公募と、多忙ではありましたが充実した年をメンバー一同送ることが出来ました。また、2014年よりNOP法人化作業を進めた結果、東京都の認証を受け11月4日よりNPO法人を冠することとなりました。これもひとえに応援して下さる皆様のお陰と、心より感謝致しております。

2016年の定期演奏会では2015年に公募した委嘱作品男声合唱組曲「草の夢」(竹久夢二作詞・森田花央里作曲)を初演し高評を博しました。毎年開催する定期演奏会には多くのお客様と共に楽しいステージを披露しています。

メンバーは20代から80代に及ぶ幅広い年齢層で構成されており、常にチャレンジ精神を持ち、より質の高い演奏を目指して日夜努力を続けております。